ワキガ 手術 失敗

ワキガ 手術 失敗

ワキガ手術で失敗というか、手術後もニオイがするようであれば、何の意味もありませんよね。

 

もちろん、剪除法など、実際に脇を切開してアポクリン汗腺を取り除くのは可能でしょう。

 

しかし、ビューホットやミラドライなど、射によって汗腺の機能を失くすというのは少し無理があるように思います。

 

といいますのは、直視せずにアポクリン汗腺を焼き切るのは不可能だと思うからです。

 

しかし、剪除法でも治らない方もいます。

 

術後臭という手術の後違う場所が臭いがでる事もあるんです。

 

身体の老廃物を出してくれる汗腺を塞いでしまう訳ですから、代わりに他の毛穴からでててもおかしくはないです。

 

なので手術したら治るという世間の常識は違うんですね。

 

また、26歳まではアポクリン汗腺が成長してしまうので、手術は26歳以上がいいですね。

 

焦って手術しても、再発しては意味がありません。

 

ワキガから解放されたいという気持ちはわかりますが、冷静にワキガの治療方法を選びましょう。

 

まずは医薬部外品で自宅ケア

 

手術以外のケアというと、塗り薬しかありません。

 

医薬部外品クリームですが、クリアネオという商品が一番効果がありました。

 

オススメです。

 

page top